Artist statement--------

As for me photograph is training of life. What I think what I feel. 

For example I take a picture of apple. 

  1. Take a picture of apple as an apple.

  2. Take a picture of apple with I imagine touch, taste, smell.

  3. Take a picture of apple with I have feelings and episodes of apple.

Each conclusion will be different by recognition. 

Gestalt perception and Kinesthetic and Spatial perception are transform into abstract conceptual domains, furthermore transform into conceptual system.

At first I and subject are completely separate but I and subject are almost assimilate by which dissolve in my life.

I ≠ subject → I ≒ subject

This training will continue as long as I live.

1 ≒ 0.9999999.........

アーティストステートメント----------

私にとって写真は人生の修行だ。何を考え、何を感じたか。

例えばリンゴの写真を撮るとする。

1. リンゴをリンゴとして撮る

2. リンゴを感触、味、匂いを想像して撮る

3. リンゴに感覚とエピソードを加えて撮る

認識の仕方によってそれぞれ異なる結果になる。

ゲシュタルト知覚、運動感覚、空間認知は抽象的な概念領域に変化し、さらに概念体系へと

変化をする。

最初は私と被写体は完全に分かれているが、生活に溶け込んでいくことによって限りなく同化していく。

被写体 → 私被写体

この修行は生きている限りつづくだろう。

1 ≒ 0.9999999.........